浸水被害を無くし、川とともに安全で豊かな生活を!

 一般社団法人河川ポンプ施設技術協会は、合理的な内水排除施設等の建設・運用に関わる技術の開発・普及を目的として1989年10月に社団法人として設立され、建設省(現 国土交通省)のご指導を頂きながら世の中の幅広いニーズに応える総合技術を提供し続けてまいりましたが、新たに国の認可を受け2012年4月より一般社団法人としてスタート致しました。

 これからも内水排除施設や揚水施設の機能向上技術を核として、経済的で運用維持管理性に優れた施設を生む新しい技術や、市民生活の多様な要求に応える河川環境技術の研究・開発を公平・中立の立場から日々推進してまいります。

「一般社団法人として社会的責任を果たすための指針」



 


ホームへ戻る